【初めて】フレンチブルドッグ を飼う。価格や性格は?

フレンチブルドッグ

 

 

初めてフレンチブルドッグ を飼いたい人「フレンチブルドッグ を飼おうと思っているんだけど初心者でも大丈夫かな…。価格や性格も知りたいし、家では何を準備しておいたらいいんだろう…」

 

 

こういった不安や疑問を少しでも解決できたらと思います。

 

 

我が家には8歳になるフレンチブルドッグ(♂)がいます。

私はフレンチブルドッグを飼うのは初めてで、とゆうか動物を飼ったことすらありませんでした。

どこで譲ってもらうのがいいのかや、初めて飼うにあたり準備に必要なもの、性格などをまとめてみました。

 

 

これからフレンチブルドッグ を飼おうと思っている方に少しでも役に立てば嬉しいです。

 

 

ペットショップ?ブリーダー?

 

フレンチブルドッグ と出会う場所としてほとんどはペットショップかブリーダーさんになるかと思います。

どちらがおすすめか、と聞かれるとブリーダーさんの方がいいかなと思います。

ブリーダーさんをすすめる理由としてはブリーダーがどんな方で飼育されている環境を見れる事その子の親なども見れるといったところでしょうか。

一度ではなく何回か見にいくといいでしょう。

 

ペットショップがダメだとゆうことではありませんが、私の場合は初めて飼うとゆうこともあり上記の理由からブリーダーさんに譲っていただきました。

 

 

 

価格は?

 

ペットショップではいろんな経費などもあり50万円ぐらいはかかると思います。

私の場合はブリーダーさんで確か20万円かからないぐらいだったかな。

 

どちらにせよアフターサービスやフォロー、血統書をしっかり用意してもらえるのかの確認も大事です。

血統書は犬にとっての身分証明書のようなものです。

 

ただし血統書が無くて困るとゆうことは特にありませんがブリーダーやペットショップを選ぶ上での大事なポイントになると思います。(血統書が発行される条件として、同一犬種の親からの子犬に対してのみ発行されます)

 

実際うちの場合もこの8年間で血統書の出番は特にありませんでした。

 

 

準備しておくもの

 

迎えるにあたりまず最低限必要なものとして、

 

  • ドッグフード
  • サークル
  • トイレトレー
  • トイレシート
  • 水飲むヤツ

 

 

とりあえずはこれぐらいあれば大丈夫です。もう少し詳しく書くと、

 

ドッグフード:パピー(子犬用)。最初は3kgや5kgなど量の多いのは買わない方がいいです。(下痢をするなど、フードが合わないこともあるので)

ブリーダーさんであればそれまでに与えていたフードを頂けるはずなのでそれに少しずつ混ぜて徐々に割合を増やしていき、最終的には完全に変えるとゆう方法がいいでしょう。

 

サークル:サークルはトイレを覚えさせる為にも、中でトイレに仕切りがあるタイプがおすすめです。トイレトレーが付属しているのもあります。

 

水飲み:飲み口の高さを変更できるのでサークルに付けるタイプのがおすすめです。

 

 

ここからは徐々に買っていけばいいと思うものです。

 

おやつ:お好みで。しつけの際などに使います。(割となんでも食べますw)

 

おもちゃ:いろいろ試してみるといいと思います。遊ぶの好きです。(うちの場合は新しいおもちゃを買ってきてもだいたい2〜3日で飽きます_:(´ཀ`」 ∠):脱いだ靴下を欲しがります(´・_・`)

 

ハーネス、リード:散歩用に。フレンチブルドッグ は首輪よりも胴体に巻き付けるハーネスがおすすめです。

 

ペチャ鼻のフレンチブルドッグは決して呼吸が上手な犬種ではないので呼吸器官が弱ければ首へのショックが体へ大きな負担になります。

 

 

どんな性格?

 

個体によります。

 

いきなりですがこれが答えだと思います。

 

一般的には…人懐っこい、愛嬌がある、好奇心旺盛、活発、賢い、などと言われています。

 

うちの子の場合です。

ブリーダーさんのところでブリンドルの子とパイドの子(今横にいます)がいました。

ブリンドルの子はかなりおとなしく人見知りのような感じ、かたやパイドの子(今横にいます)はひたすら暴れまわっていました。

同居するのには活発な子が楽しいと思いパイドの子(今横にいます)がウチに来ることになったのですが、、

 

 

そうです。8歳になった今も彼はあの頃のまま。

全てのことが目まぐるしく移り変わっていく今にあって、

変わらない良さ、とゆうものを教えてくれます。

 

 

しつけがなっていない、と言われればそれまでですが生まれつきの性格はそうそう変わらないんだと思いました。

 

 

子犬を選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

 

まとめ

この憎たらしい顔を見るとだいたいのことは許してしまいます。

 

まとまってませんね。

 

何も考えずに飼うのは違うと思いますが、飼い出だすとどうにかなるもんです!

 

 

 

コメント